千葉県市川市 学校法人吉原学園 宮久保幼稚園

MENU

開設への想い

開設への想い

2009年7月27日雷雨のあと、園庭にかかった2本の虹の写真です。

この年はHappy birthday Project(創立45周年新園舎建築計画)がスタートし、さあこれからという年でした。しかし私事になりますが、6月に園長の私に大腸がんが見つかり9月に手術と決まった時でもありました。不安な気持ちを励ますような2本の虹。雨が降ったあと太陽が出て、虹がかかり、不安を乗り越えて新しい世界を創造しようと、虹を見て自分を励ましたことを思い出します。

虹は一つひとつの色もきれいですが、それぞれの色が並んでいる姿もきれいだと思うのです。子どもたちも自分の色(個性)を大切にしながら、たくさんの人との関係を大切にできる人に育ってほしいと思っています。

「わたしはわたし。でも、わたしは みんなのなかの わたし」 は 大阪のせんりひじり幼稚園 園長 安達 譲先生の言葉です。先生とは2005年私が全国若手園長設置者交流会の東日本代表世話人に就任した時からのお付き合いです。安達先生は西日本代表世話人から全国私立幼稚園連合会教育研究委員長、大阪府私立幼稚園連合会会長(現職)を歴任され、子どもたちのより良い育ちのために頑張っている園長先生です。

安達先生をはじめ、全国のたくさんの先生方と交流し切磋琢磨させていただいていることは私にとってとても幸せなことであり、様々な実践を学べる環境にあることは宮久保幼稚園にとっても恵まれていると思っています。

「わたしはわたし。でも、わたしは みんなのなかの わたし」

全国の幼稚園の仲間、宮久保幼稚園のスタッフ、ご家庭と手を携えて、子どもたちの成長を支えていける0歳から5歳の総合施設でありたいと願っています。

宮久保幼稚園 吉原正実

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.