千葉県市川市 学校法人吉原学園 宮久保幼稚園

MENU

コンセプト

子どもたちにとって、大切なことは何か

宮久保幼稚園は創立以来「命、心の教育」を大切にして、生きる力をはぐくむ教育を実践してきました。

「今、子どもたちにとって大切なことは・・・」 をいつも考えてきました。

私たちが今、幼児期に子どもたちの心の中に育って欲しいと願うことは「自己肯定感」です。

自分が愛され大切にされること、自分の思いを受けとめてもらうことで、子どもは自分が価値あるものと感じ、自分を信じて、意欲的に生きていくことができます。

私たちは、一人ひとりの子どもが自己肯定感を土台として、自分らしさを発揮し自分の人生を歩んでいけるように、かけがえのない乳幼児期を過ごして欲しいと願っています。

乳幼児期に育ってほしいこと

例えば、子どもが夢中になって泥団子を作っている時に、大人が「汚れるでしょ!」と言うのか、「素敵ね」とほほ笑むのかによって子どもの心に残るものは大きく変わります。

子どもが興味をもって取り組むことや心の動きに寄り添い、肯定的に受け止めることで自己肯定感ははぐくまれます。

自己肯定感が育っていないと何をするにも自信がなく、人とのコミュニケーションを取るのも苦手になります。自分を愛することができず、人の気持ちもわからないと、大人になって社会で生きていくことが困難になります。自己肯定感は大きくなってからはぐくむことが難しい感情です。引きこもりやニート、その他の様々な問題は乳幼児期に何らかの理由で自己肯定感が充分にはぐくまれなかったことも原因のひとつと考えられています。

自己肯定感をはぐくむ

文科省の調査で意欲を持てない青少年の背景には自分に対する自信の低さが等があると指摘されています。自信には自己肯定感と自己有能感の2種類があり、前者は乳幼児期に自分の存在そのものが認められることにより培われる自信で、後者は幼児期の終わりから小学校以降の時期に何かができるようになることにより培われる自信です。

子どもたちは学習により物事を客観的に理解したり、困難を乗り越えたり、課題を達成して自信を深め、さらなる意欲につながり、やがて自分が好きなこと、得意なことを活かして人生を歩んでいきます。 しかし小さいころから勉強ができることだけ褒められ、自分の存在意義としていた子が自分より勉強ができる子に出会って、認められなくなった時に反社会的な行動に出るといった事件を耳にします。

それらの根っこには自分自身の存在を無条件に受容してもらえなかった幼児期の経験があるのではないでしょうか。土台の部分(存在することの自信)がしっかりしている子は、少しの失敗や困難があっても、また頑張ることができます。宮久保幼稚園ではこの土台となる自己肯定感を大切に、生きる力をはぐくんでいきたいと考えています。

自己肯定感という種は友達(人間関係)という土壌の中で

芽を出し、根を張り、やがて生きる力という花を咲かせます。

自己肯定感は乳幼児期に自分の存在そのものや、自分の思いが尊重されることにより培われる自信です。それは日々の生活の中で信頼する大人との関係において、子どもたちの心の中にため込んでいくものです。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.