みやくぼ子どもニュース2018年6月(102の園生活)

6月の園生活(012)

写真をクリックすると大きな写真(146枚)で見ることができます。

保育室での子ども達

入園・進級から3ヶ月、012の子ども達は園生活のリズムも整い、部屋でホールで、誕生会を全園児で楽しんだり、様々な知育活動を楽しんだり、わくわくホールで室内活動を楽しみ、園生活をエンジョイしました。

 

お母さんDAY

今年初めての参観日、お母さんDAYが6月2日に行われました。一緒に保育を楽しみながら、子ども達の成長ぶりを感じてもらいながら、012の保育・教育について理解を深めていただきました。

 

野菜の栽培・収穫 & ゆうや先生の体操(2歳児)

2歳児が5月植えたレタスが大きく育ち、収穫し食べることを楽しみました。そして幼稚園のキッズファームでは幼稚園のお兄さん・お姉さんが植えたキュウリ・ミニトマトを収穫させてもらい、活動の経験を深めました。こうした食育の活動を012でも大切にしていきたいと思います。
5月から始まったゆうや先生の体操、写真のように子ども達はゆうや先生と遊びながら、体力・運動力を育てています。

 

たくさん遊べることを大切に

例年より少雨で、とても速い梅雨明けとなった今年の6月。子ども達は幼稚園の園庭・芝生で裸足になり、泥んこ遊びに夢中になりました。そして6月中陣以降は水遊びも始まり、たくさんの遊びを楽しみました。乳幼児には広い園庭で様々な遊びを楽しめる環境が必要です。これが乳幼児教育の土台です。宮久保幼稚園ではこの土台をこれから大切にしていきたいと考えています。