みやくぼ子どもニュース2018年4月(012)

 

4月の012・園生活

写真をクリックすると大きな写真(106枚)で見ることができます。

入園・進級式

4月2日、保護者の方も参加いただき、幼稚園のおひさまホールで30年度の入園・進級式が行われました。入園した0・1歳児、進級した1歳・2歳児は新しいクラス、先生が紹介され、新しい生活がスタートしました。

 

室内スケッチ(部屋にて)

新しい生活がスタートして新入園児は慣らし保育、進級園児は新しい部屋での保育がはじまりました。子ども達は写真のように元気に友達、先生とかかわりを深めながら、園生活のリズムをつかんでいきました。

 

屋外スケッチ

宮久保幼稚園012の子ども達は012専用の人工芝のテラス庭・天然芝の幼稚園園庭で、思う存分に遊んでいます。風を全身でうけ、太陽の暖かさを感じることは、乳幼児にはとても大切な環境です。私たちはこの環境を大切にして、0歳から5歳の感受性を育てていきたいと考えています。

 

さくらランチ

園生活も半ばを過ぎると新入園もリズムをつかみ、食事もたくさん食べ、ゆっくりと午睡をするようになりました。

 

教育的な活動

宮久保幼稚園012は幼稚園の付属園のため、0歳児から教育的な活動を大切にしています。施設長をはじめ、幼稚園教諭としての経験が豊かな012のスタッフは、写真のように園生活の中に教育的な活動を入れながら1日の保育を組みたてています。