みやくぼ子どもニュース012(29年7月)

 

宮久保幼稚園012・7月の園生活

写真をクリックすると大きな写真(100枚)で見ることができます。

 

 裸足になって

子ども達は裸足になって砂場や芝生で思う存分に遊びました。こうした環境が身近にあることが乳児には大切です。安全に、すぐにでき、終わったらすぐに清潔にできる。保育の基本です。

 

七夕飾り

幼稚園からもらった笹に、みんなで飾りをつけ、願い事を短冊に書いた子ども達。こうした日本的な伝承行事を大切にして子ども達にたくさん経験してほしいと願っています。

 

 

水遊び

子ども達は3つのプール、大きなタライを使い、写真のように思う存分に水遊びを楽しみました。笑顔から子ども達の楽しさが伝わることでしょう!

 

 

7月の活動

7月は砂場や水遊びだけでなく、シャボン玉や裕也先生の体操、園庭遊具での遊び、室内での遊びなど様々な活動を楽しみました。園生活の充実には思い切り動き回れる園庭や静かに過ごせる室内など、環境がとても大切なんだと子ども達の活動から再認識しています。

 

 

食 育

屋外で思う存分に遊んだあとは、落ち着いた環境の中で飲み物を楽しんだり、幼稚園の畑で収穫したキュウリを食べたり、冷たいおやつを楽しんだりしています。

 

 

教育的活動

毎月子ども達は先生と一緒に様々活動を経験しながら、知的興味関心を育んでいます。

 

 

誕生日会

誕生日の日は、子ども達全員で誕生日をお祝いします。保護者会から贈られたプレゼントをもらい、先生たちからお祝いの言葉が贈られます。そしてパネルシアターなどみんな楽しみます。0歳~2歳それぞれに誕生日会を楽しんでいます。