みやくぼ子どもニュース012(29年6月)

6月-012の園生活

写真をクリックすると大きな写真(117枚)で見ることができます。


記念に手形・足型をとりました。

入園から3ヶ月0歳・1歳・2歳の子ども達は成長の記念に手や足を記念に残しました。不思議そうな表情がとても印象的でした。

 

園庭で、思う存分に遊び、裸足の感触を楽しみました。

宮久保幼稚園では6月は裸足で、水を使った泥んこ遊びを思う存分に楽しみます。012の子ども達も012専用庭や園庭で写真のように泥遊びや裸足、様々な遊具での遊びに親しみ、楽しみました。

 

お母さんの参観日

6月3日(土)母親参観日が開かれました。親子でふれあう活動を楽しみ、子ども達からお母さんへプレゼントを渡しました。フィナーレはクラス懇談をして締めくくりました。

 

てくてく歩いて園外保育(お散歩)

園庭での遊びや活動のほかに、写真のように園外保育にもよく行きます。2歳児は歩くことが上手になり、とてもたくましくなってきました。

 

水遊び

雨の少なかった今年の梅雨。暑い日が多かったので、写真のように水遊びもたくさん楽しみました。7月には本格的に水遊びが始まります。どんな活動になるか今から楽しみです。

 

012の教育的活動

012は宮久保幼稚園の付属施設。小規模保育施設ですが、教育的活動を園生活の柱の一つとしています。様々な造形活動や絵本と導入とした文字への興味、自然体験、体育講師による運動遊びなど、通常の保育園とはひと味違った保育内容となっています。012を卒園した後は、宮久保幼稚園に入園することを希望する子ども達なので、こうした教育的な活動を大切にしています。

野菜の栽培と収穫、食べる活動

 

小松裕也先生の運動遊び

 

園舎内での園生活

屋外で元気に活動するだけでなく、園舎内で静かに先生の話に耳を傾けたり、誕生日という大切な日をみんなでお祝いをしたり、雨で外に出られない日は2階のわくわくホールで運動遊びを楽しんだりしています。た。

 

さくらランチ

幼稚園の給食室から届くさくらランチ。子ども達は笑顔で毎日、美味しくランチを楽しんでいます。