みやくぼ子どもニュース(29年4月) PART1

4月の園生活・Part1
写真をクリックすると大きな写真(63枚)で見ることが出来ます。

29年度の始まり

4月8日(土)29年度の進級式があり、年中・年長児の園生活がスタートしました。翌週の10日(月)からさくらランチも始まりました。
年長の子ども達は年中の時に作った陶芸・植木鉢の花を植えて11日の入園式を彩る準備をしました。

 

テクテク歩いて園外保育・よもぎ摘み

4月10日、年長児は第2運動へ出かけ、よもぎ摘みをしました。21日の草餅の会を開くため、年長児としての初めての仕事。子ども達は葉の裏が白い草がよもぎと言いながら一生懸命に摘んでいました。つくしも見つけた子ども達は、第2運動場で春の自然を思う存分に満喫しました。

第2運動場にて

 

年少児入園式の翌日

4月12日、年少児は新聞紙を使った遊びを楽しみに、園生活の楽しさを少しずつ心の残していきました。

 

年少児の園生活第1週

年少児の子ども達はお母さんと離れても安定して園生活を楽しめるように、先生と一緒に様々な活動を楽しみながら「幼稚園は楽しいところ」という気持ちを育ててきました。

 

年少児、初めてのお弁当

4月13日、入園式から2日後に年少児のお弁当が始まり、全園児平常保育が始まりました。年少児は2歳の時に「ぱれっと」で1年間幼稚園生きているので、安定して園生活を過ごしながらお弁当を楽しみました。ぱれっとの1年間の大切さを再認識する機会となりました。